ロカルノ・ビーチ

ジェリコ・ビーチとスパニッシュ・バンクスの間に位置する、ロカルノ・ビーチ。

949EE5E9-E881-48F3-A79C-46B692045A18_1_201_a

スイスの都市、1925年にロカルノ条約が締結されたロカルノに因んで名付けられています。

三月の外出自粛が始まって以来、初めてビーチにいったのが六月一日。

ランチはホワイト・スポットのテイクアウト。通常も足の踏み場もないほど混むことは絶対にないバンクーバーのビーチですが、そこそこ天気がいい日にほとんど人がいないのは、やはりコロナのせいです。

六月十八日、天気がさらに良くなり、自粛モードも少し和らいだ頃。

D92B651B-1BB4-4223-AC4A-F63F174B4A77_1_201_a

六月二十九日。少しずつテイクアウトを主にレストランが開き始め、この日はファラフェルの店で、ラム・スブラキとビーフ・ドネールを。

積み上げた丸太のせいで景観がイマイチだわ、と思った時気がつきましたが、この丸太、いつもビーチに転々と置かれていました。寄っかかったり、このスペースは私たちのよ、と自然に場所確保ができたり、と便利だったんです。これまたコロナのせいで、あまり居心地が良くないように、と現在撤去されています。

FD0E91ED-D330-4D94-9129-F34EE5E7AA1B_1_201_a

ちょっと芝生で寝転んで日光浴を楽しみました。

D1BE930C-EBF9-4535-B078-6EE92DBA0F43_1_201_a

ビーチのパーキング、この三ヶ月ほとんど車がありませんでしたが、ほぼいつもと同じ風景になりました。

 

ハッピー・カナダ・デー!!

今日七月四日はアメリカの独立記念日です。こちら、カナダの建国記念日は数日早く、七月一日でした。もう七月というのに、寒いです。引き潮の時にビーチに行こうとアンドレアが言うので

42B5635A-3488-49CC-B19C-EEA85A1340EB_1_201_a

スパニッシュ・バンクスに来て、いつもは海水に沈んでいるビーチを歩きました。

0ACA971E-6EE3-427A-90CA-95EBD82A6684_1_201_a

カモメを追いかける犬で、「ミニ手乗り犬ごっこ」

貝類を探してビーチに佇む白頭鷲で「ミニ手乗り白頭鷲ごっこ」。

寒い、寒い、と食べ物とヒーターを求め、レストランへ。

やはりなんとなく店内は不安なので、テラス席に。洋梨とフェンネルのサラダ、クルミやフィグも入って、とても美味しかったです。

これほど天気が悪く、寒いカナダデーは初めてでした。翌日「カナダデーとしては1950年以来の低気温」だったとニュースで言っていました。コロナのせいであちこちのフェスティバル、パレード、花火ももちろん中止。お店やレストランも賑わっているところはまったく見当たらず、閉まっているところも多々ありました。気温だけでなく、なんとなく寒々しいカナダでーとなりました。

 

還暦のソーシャル・ディスタンス

誕生日パーティー。イヴリンさん、去年「来年の60歳の誕生日はビッグにするから〜」と張り切っていたのに、コロナウィルスのせいで「マックスで十人かなぁ。ステラのところのパティオで。外だったら大丈夫だよね」とこじんまりと。

ステラさんお手製のアプリコット・チーズパイで始まったので、メインは肉の塊かと思いきや、

ステラさんのお母様アントニエッタさんのご趣味のイタリアン・アンティーク調家具にミスマッチの、なんとテイクアウトの寿司、天ぷら。

3E50EC09-078E-4369-A27B-E24A8CDEC4F4_1_201_a

素晴らしい眺めのパティオ。

だんだん夕暮れ時になり、

ケーキを食べてしばらくするとかなり寒くなったので中に移動。

今回ホステス役を務めてくださったステラさん、招待メールには「雨が降って、中でということになったら、マスク着用お願いします」と但し書きもあったのですが、

649779D3-DF7A-4BAC-A2FC-1EB28D8E0F55_1_201_a

やはり楽しい集まりではお互いの距離も縮まり、マスクなんて話にものぼりませんでした。最後は「Fxxk the social distance!!!」とハグの一幕も。

公共交通機関はできるだけ避けたいですし、タクシーなどもある意味密室。行き帰りは運動を兼ねてトータルで10キロほど歩きました。プロセッコと赤ワインもいい具合に抜ける頃無事家につきました。

 

バンクーバー・マラソン(のTシャツとメダルピックアップ)

毎年五月初めの日曜日開催のバンクーバー・マラソン、もちろん今年はコロナウィルスのせいでキャンセルになりましたが、もう作ってしまっていたTシャツとメダル、参加予定者に配布することになりました。

9B2C06A3-FF98-4E2F-987D-66D60FDE6539_1_201_a

参加費返却なしのキャンセル発表当初「来年のマラソン出場費を20%オフ」という条件を出したバンクーバー・マラソンでしたが、少し後で「来年のマラソン75%オフ」に変わりました。多分ものすごい非難轟々だったんだと思います。これも払い戻しがなかった東京マラソン、何か来年の参加費の割引などの措置はあったのでしょうか。

9B241D10-EAB4-4602-BD40-FEE01334959E_1_201_a

ピックアップの場所、すごい人の列だったら嫌だなぁと思っていましたが、なんと驚きの私一人。申込者の名前とTシャツのサイズを確認していたボランティアの女性も、ゆったりとお仕事していました。みるからにランナー、見事に体を鍛え上げたシュッとした彼女の「念のため、誕生日教えて」に答えると、「ええええ?私の娘とおんなじ〜。あ、ビールもあげる」とビールもいただきました。ってか、なんでそこにビールが、、??

外出自粛後、全く行っていなかったコマーシャル・ドライブのエリア、ついでにピザでも買うか、と

12A74C9D-32BE-4711-A4FD-409ACB3D59F1_1_201_a

ファイアー・ピザへ。

46038DF4-FB04-4726-A58B-520F3ABD69C7_1_201_a

現在イートインスペースは使われておらず、

トッピングのチョイスも限られていました。

FDEB6F60-7165-4A93-B52B-154E111AE719_1_201_a

ピザ、おいしかったですし、ちょっと外出して知らない人と少し話す、というのがなんと気分転換にいいのだろう、と再認識しました。そして、来年はマラソン・リレー、リベンジができるといいね!サンドラ、ジョイス、アンドレア。

 

セント・オーガスティン教会

そぼふる雨の中、いまだにテイクアウトのみが多いコーヒーショップの一つで

マンゴー・マフィンとクリームチーズアイシングの乗ったキャロットケーキ、ラテを買い、その後向かった先は

セント・オーガスティンズ教会。多分バンクーバー で一番大きいカトリック教会です。

D0CD9851-FD78-4CC2-8682-A1302B1F7BAF_1_201_a

ステラさんのお母様、アントニエッタさんの葬儀が行われました。出棺が始まる頃には天気も持ち直しました。

コロナウィルスのせいで教会内でも皆かなり距離を開けて座り、イタリア人が多い集まりだったにもかかわらず、ハグもキスも制限され、多分不完全燃焼感の残るお葬式になったことと思います。アントニエッタさんのご冥福をお祈り申し上げます。

雨でもパワー・ウォーク

バンクーバーきっての高級住宅地、ショナシー。

A9501F72-69C3-418D-B36B-A1FD933A27BD_1_201_a

ランニング・コースでは使いますが、歩いていくことになろうとは、、、。しかも雨の中。

またまたパワー・ウォークをご一緒したのは、ジャクリーンさん。

 

教会の屋根の下でそれぞれ持参したサンドイッチを食べ、いろいろ話し、往復一時間半のパワーウォークを楽しみました。

普段だったら「私もよーこの写真撮ってあげる」とか「一緒にセルフィー撮ろう」ということになるのですが、いまだにソーシャル・ディスタンスをほとんどの人が頑なに守っているので、物の受け渡し、顔を寄せ合って、はご法度です。

六月から公共交通機関の乗車数人数制限が少し緩くなったり、レストランもパティオのみならず、室内スペースもかなりのスペースを開けてサービスが開始されたりします。

人々の間では「いい加減疲れた。いいんじゃない?もう」な気分が漂っています。

赤ちゃん鳥の季節

パティオから見下ろした、アパートの入り口付近のガーデンエリアの、

4E5B24D7-C1F7-4CDC-B092-03AF8535FFFC_1_201_a

メープルの木に面白いものを見つけました。

F64C0499-C91C-45D2-BA7A-1D16BA03A20E_1_201_a

下から見上げると、

8D431EAF-EEA2-4E83-B8FF-BC676A7F8234_1_201_a

このモヤモヤしたものが見えます。ハミングバードの巣です。

以下三枚天気予報サイトの読者投稿写真をお借りしました。

7745E8E5-CE14-4BFA-809E-F9369DF4883E_1_105_c

こんな感じでママ・ハミングバードが卵を温めると、

じきに雛が孵ります。

巣の直径は五百円玉ほどです。

さて、パティオでは現在ネクターを入れたハミングバード・フィーダーの他に、ナッツ類が入ったバード・フィーダーもあり、雛を連れたフィンチの家族からキツツキのサイズの鳥までに人気ですが、

真下にモカが。これ、食事中すごいストレスになるのでは?

テイクアウトかデリバリー

レストランはテイクアウトかデリバリーのみの営業で、ダイニングエリアは未だに使われていません。

ずっと在宅仕事で、自然自分で食事を作るのが増えますが、チキンサラダ・サンドイッチ、ミートボール・ラップ、

ハニー・ガーリック・ポーク・ボウル(丼です)、自家製キノアサラダ、など。

「この間チキン・カチャトーレを作ろうと思ったけど、トマトソースがなくてレモンチキンになっちゃったから、今日、ミネルヴァ(近くのギリシャ料理のレストラン)からオーダーしたのがよーこの所に届くから」といつもお世話になってるイヴリンさんから。

いつも自分で作っているとレストランのものが食べたくなるので、とても有り難かったです。

そして、「よーこさ〜ん、今家にいる〜。あ、いるよね。じゃ、チャリでチーズスコーンとグリーン・スムージー届に行くから」とゆーこさん。

7BB262FF-F906-4B40-BCDC-6CCAFB70B237_1_201_a

このヴィクトリア・デーのロングウィークエンドが開けた頃から、少しずつデパートやショップも開くというニュースが聞かれますが、それでもまだまだ今までの日常に戻るまでには時間がかかります。

ガーデニング・シーズン

先日ウォーキングをしていた時、そういえば歩いて行ける距離にこのガーデンショップがあったんだ、と思い出し、

62863973-22CB-49AF-9F4E-F94379665822_1_201_a

サウスランド・ナーサリーへ、野菜の苗と花を買いに。

母の日の前日ですが、ソーシャル・ディスタンスをしっかり守っているので、例年に比べると静かです。

トマト、バジル、ズッキーニ 、パティオのプランターに色を加える一年草などを買って、晩ご飯はパティオで、と思ったら、やはり来ました、モカ。テーブルの上、尻尾のすぐそばには私のグレープとチーズが乗ってるんですけど。